2018年秋冬コレクション 第1章:スナップショット、刺し子、うれしい偶然から生まれる可能性

去る1月にパリで開催されたY-3の2018年秋冬コレクションのファッションショー。ヨウジヤマモトはその直後、うれしい偶然や思いがけない瞬間が、いかに想像もしていなかった結果をもたらすかについて語りました。「新しい感受性、新しい調和に気づく(ことができる)」「それは天からの贈り物で、今はその贈り物を(このコレクションを通して)満喫しています」フォトグラファーとスタイリストのペアであるAngelo PennettaとCarlos Nazarioが手掛ける2018年秋冬コレクションのキャンペーン2章のうち、第1章では、その「うれしい偶然」という感覚が写真を通して表現されています。

夕方のロサンゼルスを照らすのどかな太陽の光、寂しげな夕暮れ、街灯のともる夜道。そんな時間帯にダウンタウンへと出向き、スナップ写真スタイルの技法を採用するPennetta。一方でNazarioは、ヨウジヤマモトのデザインの特徴である考え抜かれたシルエット、伝統的な刺し子、ブラックをふんだんに使ったカラーリングが、リラックス感のあるスポーツウェアスタイルに自由に湧き出るよう演出。明るいイエロー、ホワイト、ネイビーの輝きが、Pennettaのカメラのフラッシュに引き立ちます。そうして撮影された写真は、味気ない背景や無造作にカットされたフレーミングとは矛盾する不思議な力で魅了します。想像していたものとは異なる、すべてがあるべき位置に自然とうまく収まった魔法のような瞬間です。